風俗のお店を起業するなら店長やマネージャーというポジションは必要不可欠な存在

風俗店において、スタッフが女の子に対して厳し過ぎてもダメ、だからといって仲良しこよしで緊張感がなくなるのも良いないです。この飴と鞭の加減が難しいので、これから起業して、この業界に出店を考えている人はこうしたことも念頭に入れておいた方が良いでしょう。このような問題を解決するには信頼できる人を店長というポジションに置いてみては。オーナーは女の子に厳しく、その間に店長が入り、中立な立場で上手く回してもらうのです。やはり厳しい人がいないと女の子も馴れ合いになってしまい、欠勤や遅刻とか増えて、風俗店として悪い方へと転がっていきます。そう、楽しくする時と厳しくする時のメリハリが必要なのです。これからこの業界で起業しようと思っている人で「女の子には強く言えないよな…」なんて方もいるかもしれません(それはそれで問題ですが…)。それならもう1人、副店長やマネージャーという役職の人を立てましょう。こうした風俗店は実際に多いのですが、オーナーは現場から退き、その分、店長にすべてを取り仕切ってもらい、場の空気をしめるような威厳のある存在になってもらうのです。そして副店長やマネージャーが悩みや相談に乗るなどして女の子に寄り添ってあげる立場に。この店側の人間と、嬢の関係のバランスをうまく取ることが大切になってくると思います。起業を考えている人は参考にしてみて下さい。